Grateful Days

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Familia

同僚の先生に誘われ,フェスタへ行ってきた。

Festa(フェスタ)とはお祭りのようなもので,ご馳走を食べて,お酒を飲んで,踊って,しゃべって・・・を昼から次の日の朝まで延々と続ける。
好きな人は週末ごとに「フェスタだ~♪」と言って,土日とフェスタに参加し,月曜に疲れた顔をして現れることもある。

今回のフェスタは,『“あかちゃんに名前をつける”Cerimonia(セレモニー)』がメイン。
同僚の先生のお兄さんにあかちゃんが産まれたので,そのお祝いをやろうというところに誘ってもらった。
「モザンビークの文化をいろいろ知ってほしいと思って」とのこと。

Festa_3.jpgFesta_1.jpg

お兄さん宅には,下は2歳の子どもから上はけっこうなおばあちゃんまで,総勢30人以上の人,人,人。

自己紹介のスタート。

同僚の先生「彼女はわたしの母の○○。」
わたし「こんにちは。」
ど「こっちはわたしのいとこ。」
わ「こんにちは。」
ど「この子達はわたしのいとこの子ども。」
ど「あっちにいるのが1番上の姉。あそこの彼は姉のだんなさんで,あの人達は姉の友だちで,今来たあの人たちはいとこの子どもとその彼女で,・・・」

覚えきれませんって。

セレモニーは,あかちゃんのおばあちゃんとひいおばあちゃんが中心になってスタート。

産湯で体を洗って,まっさらなおしめをして,キレイな服を着せて,あったかそうなタオル(毛布?)で体を包んで・・・
と,誰からともなく歌が始まった。

歌いながら,踊りながら,おばあちゃん,おばちゃんたちがあかちゃんを交互に抱いていく。

おいおい,あかちゃん,そんなに高く放り投げて大丈夫ですかー?
おばあちゃん,踊りうまいっスね・・・。

お祝いのお金を渡すときも,品物を渡すときも,歌いながら,踊りながら。
モザンビークらしい。

あかちゃんの名前は,おばあちゃんの名前をもらってつけられた。

最後はみんなで歌(教会の歌)を歌って,セレモニーの終了。

やっとごはんだー!!
みんな一気に食べ物の並んだテーブルへと突進。
と同時に大音量の音楽が流れ出す。

とりあえず,ご馳走をおなかへ入れながら,近くの人とおしゃべり,おしゃべり。
食べ終わった人から,音楽に合わせ体が自然に動き始め,なんとなーく踊り始める。
子どもたちも踊る,踊る。
おじさんも,おばさんも,若い人も,みんなが中心に集まって踊ったり,飲みながらおしゃべりしたり。

はい。わたしも踊りました。踊り方を教えていただきました。


Festa_2.jpgたくさんの家族に祝福されるあかちゃん。
おばあちゃんたちが中心に行われるセレモニー。
いとこ同士で集まって遊ぶ子どもたち。

家族っていいね。

スポンサーサイト
  1. 2006/07/30(日) 14:49:56|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

あかちゃん

KichaLavson.jpg最近,おなじ宿舎に住んでいる同僚の先生に子どもが生まれた。
名前はLavson(ラブソン),2ヶ月。お姉ちゃんはKicha(キーシャ),3歳。この姉弟,顔がそっくり。


モザンビークのあかちゃんはたくましい。
日本だとまだ病院にいるような産まれてすぐのあかちゃんでも,モザンビークではお母さんと一緒にシャパ(この国の人々の交通手段。トヨタハイエースや,幼稚園のお迎えバスなど,もう日本では車検通らなくなったような日本車が,バスとして走っている)に乗っていたり,道ばたで野菜やくだものを売っているお母さんの背中で寝ていたりする。未熟児だろうがなんだろうが関係なし。
ちなみに,シャパには時々,人間以外にニワトリ(食べるため)や大量のヒヨコ(大きくして食べるため)やヤギ(これまた食べるため)も乗る。道ばたは舗装されていないために砂埃もすごい。
こんな扱いで大丈夫か?!と思うけれど,思いのほかすくすくと育っている。

おまけ。
モザンビークの平均出生率は5.6人,日本は1.3人(1人の女性が一生のうちに出産する子どもの人数の平均)。
そりゃ,そんな扱いにもなるか・・・(?)
なんにせよ,健康に大きくなってほしいなぁ。

☆★☆情報提供:モザンビーク助産師隊員Cさん  ありがとう☆★☆
  1. 2006/07/29(土) 03:29:29|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

Problemas

任地に戻って,ボチボチ仕事が始まりつつある。
が,仕事が始まると,問題も起こる。

ここ2日,続けて問題発生。現在抱えている問題3件。
1.Exame(最終テスト)での生徒のカンニング
2.Pauta(成績表)の間違い
3.数学の授業内容と誰がどの授業を担当するかの決定

どれも,来週まで解決しそうにない・・・(|-_-)=3

ちなみに来週月曜から授業は始まる。しかし,いまだ時間割も決定しておらず。そりゃそうだわな~,誰がどの授業担当するかも決まってないのに,時間割組めませんよ。
授業の準備したいけど,まだどの授業を持つか,どんな内容をやればいいのかも決まらない。とほほ・・・
1,2の問題は,自分がもっとこうすれば起きなかったかも・・・と思うから,気が重い。

問題に直面するたびに,何がいいことで何がいけないことなのかわからなくなる。自分ではこれがベストと思ったことが,モザンビークの人たちにとってはそうじゃない(と感じる)。

“自分,自分”を押し通すのか,長いものにまかれるのか。自分を持ち続けるのがより大切か,周りと協調するのがより大事か。
『バランス』と『時と場合によりけり』なんだろうな。

試されてるなぁ~自分。
  1. 2006/07/27(木) 03:08:12|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ザンビア旅行記~であい編~

「8日間の旅行の中で,どの時間に戻りたい?」と聞かれて,一番に思い浮かんだのが,“であい”の時間。

今回の旅,自分ひとりじゃこんなに楽しくは過ごせなかった。
ひさびさに会った同期の隊員。初めて会ったザンビア隊員の方々。
お互いの隊員生活のこと,これからのこと,いろんな話をした。
協力隊っていう同じ環境がそうさせたのかもしれない。大きな自然が自分を素直にさせたのかもしれない。旅っていう特別な状況だったからかもしれない。

そして,隊員だったからこそ見ることのできた視点もあった。
モザンビークとザンビアの違い。今まで『アフリカ』はひとつの大きな国だと思っていた自分に気づいた。
自然と共存をしている現地の人々の姿。そこで共に生活している隊員がいなければ,気づかなかった。

ただ観光をするだけでは見ることのできない,アフリカの姿。
初めて隊員でよかったと思った。

ゾウ国立公園内で生態調査をしている隊員の家の近くの風景。釣りをしていたら,ゾウが現れ水浴びをし始めた。夜には家の周りをゾウやカバが通っていく。野生のゾウをあんなに近くに見ることも,興味本位で近づきすぎて襲われそうになって逃げることも,カバの足音に耳をすませながら将来を語り合うことも,もうきっとできない体験。

birthday.jpg7月が誕生日のザンビア隊員のちょっと早い誕生日会をサプライズで企画。まわりにいた知らない人たちも一緒に“ハッピーバースディ”の歌を歌ってくれた。

今,この時期に,隊員としてこの旅ができてよかった。
  1. 2006/07/22(土) 08:08:15|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

ザンビア旅行記~ヴィクトリアフォールズ編~

『世界3大瀑布』
1.イグアスの滝(南米:ブラジル,パラグアイ,アルゼンチン)
2.ヴィクトリアの滝(アフリカ:ザンビア,ジンバブエ)
3.ナイアガラの滝(北米:アメリカ,カナダ)

まず1つ制覇。
すごかったけど,イグアスはもっとすごいらしい。行ってみたい・・・。

それでは写真でどうぞ。
fall_2.jpgrainbow.jpg

写真ではその迫力が伝わらないのが残念。

kiseki.jpgこれは滝の移動の軌跡。滝の歴史が上空から見える。自然ってすごい。

ヴィクトリアの滝周辺は観光地化していて,ホテルも立派だし,滝やザンベジ川を利用したアクティビティも充実している。(お金かかります・・・。)
hotel.jpg宿泊したホテル。天国・・・!!ここでも野生動物に会える。シマウマに蹴飛ばされるかと思った。

ザンベジ川でのサンセットクルーズ。ムードもへったくれもなく,飲み食いしまくり,写真撮りまくり・・・ ここでも野生動物見られます。
sunset_1.jpgsunset_2.jpg

ヴィクトリアの滝はザンビアとジンバブエにまたがっているので・・・
border.jpg国境。島国日本では見られない(?)景色。陸続きってすごいなぁと思った。これで,モザンビーク,ザンビア,ジンバブエ(10分程度)制覇。


ここはアフリカであって,アフリカじゃなかった。

まだまだ続く・・・
  1. 2006/07/21(金) 04:56:48|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ザンビア旅行記~サファリ編その2~

さて,サファリ。

宿泊した“ムフエロッジ”では,1日2回のサファリがある。
朝7時ごろから11時ごろまでのサファリと,夕方4時ごろから8時ごろまでのナイトサファリ。
ちなみに2泊しましたので,計4回のサファリを体験。

朝早くから起こされ,朝食すませて,さむ~い中サファリに出発・・・が!
動物も人間と一緒で,寒いとなかなか現れてくださらない。あったかくなったころ,ボツボツと姿を見せ始める。

インパラシマウマ
どうでしょう?おしり攻撃!プリプリ感がステキだったので思わず・・・。
左がインパラ,右はご存知シマウマ。
いすぎてだんだんありがたみがなくなってくる,最終日ともなると・・・。贅沢だなぁ。

ライオンバッファロー
見えますかー?左:ライオン,右:バッファロー
かくし絵みたいになってて,見つけるの大変。何度も「どこ?どこよ!」って聞いた・・・。

ゾウの家族(移動中)これもちっちゃくてわかるかな?ゾウの家族が歩いてるんですが。

ここまででBig5のうち3つ制覇!
ちなみに『Big5』って知ってました?“狩をするのが大変な5種類の動物”らしい。ライオン,ゾウ,バッファロー,ヒョウ,サイがこれ。

キリンナイトサファリスタートから大量のキリンと遭遇。車の目の前から3頭も歩いて来てびっくり!

ナイトサファリでは,昼間は見られない,狩の様子も見られる。
ちなみにヒョウがインパラを狩る様子,見ました。失敗してましたけど。

ロッジの粋な演出もすばらしく,いろんな国籍の方々とお話をする機会にもなり,「やっぱり英語大事」って思った・・・。
でもモザンビークはポルトガル語ですけど。

いやいや大満足のサファリ。
しかし!これよりもビックリステキな体験をすることになるとはこのときは夢にも思わない・・・。

まだ続く・・・
  1. 2006/07/20(木) 05:08:16|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ザンビア旅行記~サファリ編その1~

お待たせしました!6月28日~7月5日に渡った,ザンビア旅行の様子をお届けいたしまーす。
この旅行記,PCでご覧になることをお勧めします。動物の写真大公開!携帯でご覧の皆様,見づらくてごめんなさいm(__)m

ザンビアでも1番と言われる『サウスルワンガ国立公園』。
ここで,いろんな動物と遭遇。

まず,この国立公園の中にある“ムフエロッジ”というロッジに宿泊。

ロッジこれが泊まったロッジ。中もキレイでかわいかった!夜にはこのすぐ下を歩くカバの大きな泣き声が・・・。

ロッジ内ではこんな動物たちが,すぐ近くに見られる。
サル カバ

季節によると,ライオンやゾウがロッジ内に現れることもあるらしい。
ちなみに,ロッジ内はライオンのテリトリーに入るらしく,夜,夕食後に自分のコテージに戻るときには,ガードマンが連れて行ってくれる。いつ,どんな動物が現れるかわからないからだとか。

ロッジ内でもこんな感じで,さてさて,サファリやいかに?!
次回に続く・・・
  1. 2006/07/19(水) 06:35:51|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

JOCV週間

10日~14日まで隊員総会行われてました。@首都マプト。

平成15年から派遣の始まったモザンビークも,現在44名のJOCVが在籍中。どんどん日本人が増えますな。

ひさびさに会った同期隊員とともに,あちこちで外食。

今回のベスト3は…

1.タイ料理(3回)
2.中華料理(2回)
3.インド料理(1回),炭火焼肉(1回)
おまけ.アイス屋(2回)

でしたー。

贅沢な1週間だったなぁ(^~^)
  1. 2006/07/18(火) 04:53:42|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

ありがとう

1年前の今日,7月12日,初めてここモザンビークの土を踏んだ。

今日で丸1年。そして2年目のスタート。
今,ここにいてよかったと思える自分がいる。

苦しくてたまらなかった時,うれしくて涙がでそうなとき,自分のまわりにはいつも,支えてくれる人たちがいた。
離れていても,近くにいても,変わらずにいてくれる,それが自分にとってどれだけ大きな支えになったか・・・。

残り8ヶ月。
日本へ帰国するときには,今度はまわりの人を支えられるような大きな人間になっていられたらいいな。

自分のまわりの全ての人へ
ありがとう!
そして
これからもよろしく!!

まだまだやるで~
  1. 2006/07/12(水) 14:04:56|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

ザンビア!

行ってきました,初任国外旅行!
いやいやいや,すばらしかった!びっくりした!!楽しかった!!!(いろんな意味で。)

野生動物見ました。アフリカ来て初めて。
モザンビークはいないのね,野生動物あんまり。内戦のせいで。

ザンビア。
サファリ,ヴィクトリアフォールズ。

詳しくはまた後日。
現在,写真厳選&編集中。乞うご期待。
  1. 2006/07/11(火) 07:33:23|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。